雑庫/雑録/Tumblr

雑庫

雑庫/雑録

雑庫/雑録/Tumblr: Archive

twitter

iddy

あわせて読みたい

富永恭二:航空部隊の指揮官として息子を特攻死させたが本人は最前線のフィリピンから台湾に逃亡、シベリアに抑留されるが天寿を全うする。

菅原道大:後で自分も行くからとか言って特攻隊を送り出し、終戦時に部下から行きましょうって言われたら「特攻隊の慰霊するからやっぱ行かない」と却下、養鶏やりながら天寿を全う

倉澤清忠:菅原の部下として特攻隊を送り出す。飛行機のトラブルなどで帰ってきたパイロットを監禁するスパルタ施設を運営。
戦後は印刷会社経営、特攻隊の生き残りからの報復を恐れ常に拳銃を携帯。勿論天寿を全ry

黒島亀人:「変人参謀」と言われ数々のキチガイ作戦とキチガイ特攻兵器を立案。
戦後は会社社長として何不自由ない暮らしを送る。なお、宇垣纒の手記(後に「戦藻録」として出版)を遺族から借り出し、自分に都合の悪い部分を破棄、「電車に置き忘れた」などと言い逃れる。当然天寿をまry

源田実:自分の指揮する部隊でも特攻やりたいからよろしくと部下に命じたところ、部下から「私が操縦するから貴方は後席に乗ってください」と言われソッコーで沙汰止みに。
戦後は航空自衛隊に入り航空幕僚長、自民党から参議院議員に。議員時代、日本全土を無差別爆撃したカーチス・ルメイに勲一等を授与する工作する。
言うまでもなく天寿をry

太田正一:米軍コードネーム”BAKA”こと人間爆弾「桜花」の発案者。自分が乗るから開発させてくれと上層部に頼み込んだ癖に「適性なし(笑)」とやらで出撃せず。
終戦直後逃亡、名前と戸籍を変えて暮らす。至極当然に天寿ry

海軍 福留繁:
敵軍に一時捕虜となり重要作戦指令所を奪われるが
自分の責任を問われることを恐れて黙っていたため、後にマリアナ沖海戦の大惨敗の原因となる
もちろん、天寿を全(ry

花谷 正:
第二次アキャブ作戦で部下に突撃を命じるばかりで壊滅的打撃を受けるもお咎めなし。
第55師団長時代は部下の将校を殴り、自決を強要することで悪評が高かった。
また、日頃から陸大卒のキャリアを鼻にかけ、無天(陸大非卒業者)や専科あがりの将校を執拗にいじめ抜き、
上は少将から下は兵卒まで自殺者や精神疾患を起こした者を多数出すなどしたため、部下から強い侮蔑と憎悪を買っていた。
反面小心でもあり、行軍中も小休止の度に自分専用の防空壕を掘らせていた。
勿論、天寿を全(ry

日本軍の人材豊富過ぎワロタwww : まとめす (via ataru-mix)

(via kanabow)

ガウスは1-100の足し算を工夫して一瞬で解いて教師を驚かせて大学の教本与えられたらしいが
日本だと
せんせーガウスくんがずるしてます
ダメでしょガウスくん途中式を書いて下さい
説明
これは足し算の問題です教科書に書いてあるとおりに解いてください
ってなって明日から靴に画鋲入れられる
天才って脳のリミッターを外すことが出来た人達だろ? : 2chコピペ保存道場 (via kohmei)

(via plasticdreams)

特にベンダ側が公開しないような特殊なローカライズ情報やマイグレーション情報、障害情報なども交換されており、UNIX系エンジニアやITアーキテクトの最後の砦としての役割も担っている。 PC等 (2ちゃんねるカテゴリ) - Wikipedia (via plasticdreams)

(via plasticdreams)

実は日本でよく自己啓発本に見る書類の作成方法で 「結論から書け」「シンプルに論点をまとめて」というのは 極めてアメリカ的な小論文指導です。

イギリスでは逆に、遠まわしで、マニアックな単語を使って 1文をなるべく長く書いたほうが教養があると思われる。 なので、イギリス人にとってアメリカ人のシンプルな文章は 「こんちゃーす!俺、バカでーす!!!」という文章に見えてしまう。

「外資系」でくくる危うさ:アメリカの会社に行ったら、イギリスの英語も文化も通じなかった 外資系OLのぐだぐだ (via otsune)

(via otsune)

ここで気づくのは、エドウインの経営危機は、本業外の野放図な金融取引によるところが大きいことだ。裏返せば、ジーンズメーカーとしては本業に徹してさえいれば、会社が傾くこともなく、安定した同族経営が続いていた可能性が高い。  それではなぜ、社長の常見は、このような金融取引に走ったのか。第一の原因は自身の「おごり」だろう。常見は早稲田大学政治経済学部を卒業後、ワシントン大学で当時最先端だった金融工学を学んだ。海外には旧友の金融マーケット関係者も多く、「繊維企業の社長」とは違う自分自身の能力を過信した可能性が高い。 財テクに溺れた「金融通」社長  検証・エドウインの迷走(上) :日本経済新聞 (via nosouth)

(via kanabow)

上司に相談しても「現場でうまいこと調整してください」で大抵終わるのでシーマ艦隊みたいな気分になってる。 Twitter / kanai_fx (via shingi)

(via roamingsheep)

「俺は、何もプレッシャーなどかけていない」 「ムリな要求などしていない」 「勝手に、潰れていっただけだ」 「あの程度で潰れるのなら、どこに行っても同じだ」
 などという発言が聞かれることが多いが、その発言自体が、リーダーシップの失敗を物語っている。
自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れを取る技術 / 下園 壮太   (via ebook-q)

(via malmrashede)

中学の時に作文が上手な女の子がいて、彼女の付けるタイトルは、意外性のある想像力を掻き立てられるものだった。
タイトルも素晴らしいが、本文はその何倍も読む価値のあるものだった。
俺たちが「修学旅行の思い出」「金閣寺を見て」なんて駄文を書いている中、「もみじ」というタイトルなんだよ。
読んでみると、いきなり帰りのバスから始まるの。で、リュックにもみじの葉が紛れ込んでいるのを見つけて、「どこのもみじだろう?」と思い返すのが本文。
「○○でリュックを開けたけどもみじはあったかな?帰ってから写真を見てみよう」「○○のもみじはキレイだった。あそこのだったらうれしい」とか。
結局どこのかは分からないんだけど、一緒に行ったから「あそこにもあったよね」と、話したくなるんだよ。

一度コツを聞いたら、マンガを描くのが趣味で起承転結がどうのこうの言っていた。それは俺には無理だなと思った。
もう一つ、タイトルは最後に付けると言っていた。これなら俺にもできそうだったので、真似している。
読むとがっかりするタイトル10選 (via eternityscape)

(via kanabow)

保守系でエロ漫画が嫌いな人は、「自由・人権ばかり口にする道徳心に欠ける連中」が作者読者だと思っていて、そういうラベルを貼りたくてしょうがない。革新系でエロ漫画が嫌いな人は、「セクシズムを疑わない保守的な男性主義者」が作者読者だと思っていて、そういうラベルを貼りたがっている。 Twitter / ogi_fuji_npo: 保守系でエロ漫画が嫌いな人は、「自由・人権ばかり口にする道徳 … (via otsune)

(via otsune)

ホテルメイドの仕事をして、掃除のノウハウを学びました。私も以前はガスまわりのべたべた感がトピ主さんみたいになかなか取れずにいました。今は熱湯の威力を知り、ほとんど洗剤いらずです。

古いバスタオルをたたみ、上からやかんで熱湯をかけ充分に吸わせます。それを汚れの上に広げて5分くらい蒸し状態にしておき、それから浮き出た油分をペーパーでふき取り、そのあと洗剤でふきとると、簡単にすっきりとピカピカになります。

ちなみに床掃除もトイレも熱湯ヤカンを手にふきとり掃除してます。ピカピカスッキリ洗剤いらずです。

ぜひおためしあれ

油のベタベタ何とかしたい : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) (via sukekyo)

(via sputumblr)